微量PCB廃棄物処理施設設置に反対する宣言式に参加 2012.12.15

横芝光町における「微量PCB廃棄物処理施設設置に反対する宣言式」に参加
してきました。

 

 PCB宣言.jpg

             画像をクリックすると拡大して見れます

 

昨年12月に申請された微量PCB廃棄物を使用した試験研究について、県の
承認がおり、今年の6月より試験研究が開始されてしまいました。
県としては、
 ・国からの通知で学術や処理技術に係るものであること
 ・使用する施設が生活環境保全上支障のないこと
 ・不正な産業廃棄物の処理を目的としたものではないこと
などの判断基準から承認されています。

私としては、
住民が安心して安全に生活できる環境づくりを望んでおります。
平成28年までに、PCB廃棄物処理をしなくてはならないことは十分理解しており
ますが、この研究施設の近隣には教育施設や文化施設があり、とても業をはじ
めるには適した環境ではないと思っています。
県の許認可に際し、阻止できなかった事に、誠に悔やまれ残念でなりません。

本日、町を挙げて、微量PCB廃棄物処理施設設置に反対する宣言が出された
わけですが、私も町民の皆さんとともに阻止するために全力で行動して行きたい
と思っております。
何としても、この事業が撤退するまで力を合わせ、頑張りましょう!

 

▲このページのトップに戻る